078*『ナガサキ洋楽事始め』制作ノート#06*ビートルズとグレゴリオ聖歌*応唱etc

ローマ・カトリック教会の典礼で、先唱者(主に司祭)の朗詠に続いて合唱隊や会衆が唱和することを”応唱”という。”答唱”も同じである。いわゆる”コール&レスポンス”だ。この”コール&レスポンス”は黒人音楽の特徴としても有名だが、キリスト教音楽や、インドの伝統音楽、フランスのある地域の音楽等、世界各地の伝統、民族音楽で取り入れられている。
R&Bやブルースの影響を自認するビートルズも、もちろん使っているが、
ひょっとしたら彼らのDNAの中に、教会音楽の”応唱”の記憶もあったのかもしれない。

もっともお馴染みなのは、これだろう。アイズレーのカバーだけど。


モータウンのガールグループ”ザ・マーベレッッツ”のカバーであるこの曲も。


オリジナルだと映画「ヘルプ」で歌われたこの曲。



そしてこの曲の頭。



とくにこの「ヘルプ」はそのあとの、

ジョン:When I was younger So much
ハモ:ホェーーーーーーン ホェン・アイ・ワズ・

ジョン:younger than today
ハモ:ヤーーーーーング  アイ・ネバー・

ジョン:I never needed anybody's help in any way
ハモ:ニーーーーーーーーーーード help in any way

というジョン(主メロ)とポール&ジョージ(ハモ)の歌の時間軸の流れ。
当初は1音符対1音符であったオルガヌム(多声化、ポリフォニー)が、
より複雑化し、主メロとはリズムの違う複雑は対旋律が作られるようになった、
という遥か昔からの流れの遺産とも思われる。

また4/4、3/4、6/4と拍子が入り乱れる「愛こそはすべて」。
フランス国歌「ラ・マルセーユ」のイントロのあと、
♩〜Love, love, love〜♩というコーラスが歌われ、
そのコーラスをバックに、
♩〜There's nothing you can do that can't be done〜♩という
ジョンが歌い出すが、これなんかトロープス的だ。
歌詞がないと歌うの大変そうだし(笑)
逆に”アー”でメリスマ的に歌うと、あら不思議、
教会っぽくなるねw



さて、お次はカデンツ(終止形)。
カデンツにはおおまかに”完全終止”と”変格終止”がある。
これらの終止形ができたのは、ルネサンス頃からといわれる。
それ以前の中世では”二重導音終止”や”ランディーニ終止”であったが、
そのへん知りたいかたは検索してみてください。

さて難しい専門用語は眠くなるので、おおざっぱに言うと、
”完全終止”=終わった感がする=ドミナント→トニック=G→C
”変格終止”=なんとなく終わった感がする=サブドミナント→トニック=F→C
あ、キーがCの場合ね。もっとおおざっぱに言うと、
”完全終止”=起立、礼、着席
”変格終止”=アーメン
この”変格終止”は”アーメン終止”とも言われるが、
”完全終止”にくらべて、いまいち終わった感に欠ける。
つまり、まだ続く感じがするのだ。

宗教音楽を意識した「Let It Be 」がこのアーメン終止。F→C。
♩〜Speaking words of wisdom Let it be〜♩の”Let it be”のとこ。



細かく分けると、F→(Em→Dm→)Cだが、
()内は経過音なので、基本的にはF→C。
この”変格終止”はブルースやR&Rに多くみられる。
よく「Aのスリーコードで」などとコード進行を決めて、
ブルース・セッションが行なわれる。
楽器を弾く方はおわかりだろうが、これがなかなか終わらない。
下手すりゃ一晩中やってそうな勢いだ。
それもこの”変格終止”の終わらない感の中毒性にある。

さて、西洋音楽の歴史はルネサンスのあとバロックへと向かう。
そこで重要な通奏低音などはジョージの一連の”インドもの”とも、
リンクするような気がするが、きりがないのでこのへんで。

よくビートルズはクラシック~00年の歴史を10年でやったと言われる。
もちろんビートルズはすごいんだけど、
先人たちが創造した音楽のノウハウが、1000年以上後の、
ロックミュージックにも生きづいているという遥かなる音の流れに、
頭がクラクラする思いですw

というわけでビートルズ、それから『ナガサキ洋楽事始め』に収録の、
2曲のグレゴリオ聖歌を聴きながら、遥かなる音の大航海に、
思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

次回の制作ノートは、同じく『ナガサキ洋楽事始め』に収録の、
「ダウン・バイ・ザ・リバーサイド」という黒人霊歌を教材に、
黒人音楽とナガサキについて綴る予定です。
[PR]
by playtime-rock | 2012-01-08 17:06
<< 079*プレイタイム・ロック〜... 077*ナガサキ音遊び1月8日放送 >>