080*プレイタイム・ロック〜ナガサキ音遊び〜1月29日

明日29日(日)は、NBCラジオで午前11時30分より「playtime rock~ナガサキ音遊び〜」http://www.nbc-nagasaki.co.jp/radio/playtime-rock/
今週は「エルヴィス、カムバック前夜」と題してお送りします。

'64年からのエルヴィスと、同じ年にアメリカを征服したビートルズをからめて、
'68年のカムバック直前までのお話しです。
この頃のエルヴィスのシングルは、映画の主題歌とはいえ、お気楽なナンバーが多いですが、
60年代になってアメリカに流入したボサノバやサンバ等のラテン系のアレンジも多く、
ラテンなラウンジ的で興味深いですね。ま、映画が南洋を舞台にしたものが多かったし。

ビートルズの'64年の米公演では、エルヴィスのバックでベースを弾いていた
ビル・ブラックのコンボが前座やってます。ビルは病欠だったみたいだけど。
ビル愛用のウッドベースは、今ポール・マッカートニーが所有してますね。
youtubeで嬉しそうにそのベースを弾いているポールの映像観れます。





また日時はちがいますが、ガールグループの”シフォンズ”も前座やってますね。
”シフォンズ”といえば、ジョージ・ハリソンが「マイ・スィート・ロード」で
パクったという「ヒーズ・ソー・ファイン」が有名ですが、
ジョージにはこの米公演の記憶が印象的だったのかもですね(笑)

'65年の公演ではライチャス・ブラザーズが、'66年にはロネッツが、
ビートルズの前座を務めます。
さすがのスペクター一派も、イギリス勢の後塵を拝したということでしょうか。

そして'65年には、エルヴィスとビートルズの世紀の対面が実現しました。
ジョンとのあいだが、なかなか微妙なご対面だったようですが(笑)
この本や、
d0154761_2216136.jpg

こちらのブログにくわしいです。
<http://blogs.yahoo.co.jp/hirovishima2007/6311564.html>
d0154761_22132249.jpg

「アイ・フィール・ファイン」やシラ・ブラックの曲をセッションしたようですね。
エルヴィスがベース、ポールはピアノ、ジョンとジョージがギター。
ドラムがなかったので、リンゴはビリヤードやってたとか(笑)

ビートルズとの対面が刺激になったのかはわかりませんが、
翌年の'66年から、だんだんエルヴィス復活の兆しが見えてきます。
[PR]
by playtime-rock | 2012-01-28 22:27
<< 081*今宵は月も、、、夕化粧 079*プレイタイム・ロック〜... >>