2010年 05月 19日 ( 1 )

010*音香酒場#1

『龍馬のハナ唄・赤盤』のブックレットにも書いたが、昨年の秋、僕は長崎の音楽事情を探り、月琴奏者を探すため、アトランティック・レコードのアーメット・アーティガンよろしく、長崎の歓楽街・銅座をさまよっていた。

18歳で上京した僕は、この辺で飲んだことがほとんどなく、昨年50前にしてようやく、遅咲きの”銅座デビュー”を果たしたのだ。友人popi君に、音楽の匂いのする店をいつくか紹介してもらった。籠町にある”スナック・ぴえろ”もそのひとつ。
d0154761_22214124.jpg
このお店の洋楽の映像コレクションはすごい。(この日は、ブリジット・バルドーの映像が流れていた)
メジャーなものからマニアックなものまで。ないものはないくらいすごい!
また、マスターのスマッシュ・Uさんの、邦楽への無関心さもすごい!山口百恵のことを山口百子と言うくらいだからすごい!
そして、たまに聴こえてくる邦楽の元ネタ(洋楽)を指摘しては、そのオリジナルを聴かせてくれるのがすごい。邦楽をほとんど聴かないから、というか洋楽の知識や引き出しで邦楽を聴くから、先入観なく元ネタが聴こえてくるのだ(笑)

写真はマスターからいただいたパティ・ボイドのポートレート。d0154761_2227875.jpg
ジェーン・バーキンやジーン・セバーグ、バルドーと、いろいろ見せていただいたが、迷わずパティ・ボイドをご指名した。だって、普通こんなのないもん(笑)「ビートルズがやってくる ヤァヤァヤァ」の撮映スナップかな。この映画がきっかけでジョージ・ハリソンと結婚し、後にクラプトンの奥さんになる女優。

さて、”スナック・ぴえろ”では、リクエストいただければ『龍馬のハナ唄・赤盤』を聴くことができます。気に入っていただけたなら、CDも購入できます。
また、オンエア・推薦曲の「みぃ・じゃぱにぃず・ぼうい」のPVも見ることができます。
さらには、来る7月12日(月)@旧香港上海銀行でライヴを行う、ハース・マルティネスの音源も聴くことができます。

ご機嫌な映像とマスターの音楽話し。ナイス・ミュージックの香る”スナック・ぴえろ”(095-824-9186)で、至福の時をお過ごしください!

Moreハース・マルティネス長崎公演について
[PR]
by playtime-rock | 2010-05-19 23:25