2011年 01月 09日 ( 1 )

046*成人の日に

昨日の長崎新聞に開催のお知らせが掲載されました。
<http://www.nagasaki-np.co.jp/news/ryouma/2011/01/08101438.shtml>
「龍馬伝館」閉幕記念音楽祭、”新春ナガサキ音ハジメ”@長崎歴史文化博物館!
d0154761_110095.jpg

明日10日(月)成人の日に開催されます。新成人のみなさん、おめでとうございます!目出度いついでに、ぜひお越しください(笑)(写真:長崎新聞HPより)

おおよそのタイムテーブルは以下のとおりです。
d0154761_0572433.jpg


それから、もうひとつお知らせです。
昨年のクリスマス・イヴに発売されました、「5000 SONGS~プレイリストで楽しむ私的名曲セレクション 」(ヤマハムックシリーズ 86) に、僕のセレクションも掲載していただいております。
以下、文、写真とも”amazon.co.jp”よりの転載です。
d0154761_161941.jpg

内容紹介
おすすめ楽曲リスト(プレイリスト)から新たな音楽を発見し、音楽を聴く楽しさを伝えているインターネットの音楽マガジン「MUSICSHELF(ミュージックシェルフ)」。月間120万ページビューを超える同サイトに掲載されているプレイリストを一冊にまとめたのが、本書『5000 SONGS~プレイリストで楽しむ私的名曲セレクション』です。
スタート以来、人気ミュージシャンからインディーズの新人バンド、DJ、音楽ライター、あるいは俳優、タレント、漫画家などに至るまで、数多くの有名人が選曲者を務め、5年間で2000以上のプレイリストを掲載してきた同サイト。その選曲テーマは「自身が影響を受けた曲」「いま一番ハマっている曲」「ドライブで聴きたい」「お酒を飲みながら聴きたい」「子どもたちに伝えたい曲」などなど、実に多種多様です。
本書はその中から500のプレイリストを厳選し、様々なシチュエーション別に分けて紹介。さらに、「500プレイリスト=5000曲」にはすべて、選曲者による楽曲レビューが記載されています。そのレビューには各人の音楽に対する熱い想いが込められており、読み応え十分! 従来の“名盤セレクション”的な音楽ガイド本とは異なり、「そのテーマ(シチュエーション)での」1曲や曲順にこだわった、デジタル時代のリスニング・スタイルに対応した新しい音楽書となっています。
[PR]
by playtime-rock | 2011-01-09 01:12