<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

39*月見コンサート#2


 月見コンサートのレポートの前に、お知らせ。

『龍馬のハナ唄・赤盤』収録の「みぃ・じゃぱにぃず・ぼうい」のPVをYou Tubeで公開開始!
http://www.youtube.com/watch?v=C2r5OXoTR6o
もしくは”プレイタイム・ロック”、”高浪慶太郎”で検索してみてください。
とりあえず貼っておこうっと。あっ、でも切れちゃうな。元がシネスコ・サイズだからね。You Tubeでは、ちゃんと見れるので、そちらで見てね!


 『青盤』には田村玄一さんのスティール・ギターとスティール・パンをフィチャーした、「みぃ・じゃぱにぃず・ぼうい」別ヴァージョン(マヒナ・テイスト)を収録。この『青盤』の方は、長崎では10月1日より先行発売。その他の地域やネットは11月発売の予定です。詳細は追ってこのブログで。

さて、月見コンサート。(写真提供:長崎歴史文化博物館)
ももさん、楽しんでいただけたようで何よりです(笑)11月もぜひいらしてくださいね!
d0154761_7433917.jpg

 まずは琴音さんのソロによる「九連環」でスタート。その後、「美しき天然」をBGMにパーカッションのるぅさんと僕が松葉杖で登場し「水仙花」。僕は患部に装具という膝を保護するものを装着しているので、この日は作務衣姿。月琴とウクレレというのが、けっこう相性がいい。
 
 続いて再び「美しき天然」をBGMに、柴田健一アンサンブルの登場。ちなみに、活動写真やサーカス、チンドン屋でもおなじみのこの「美しき天然」は佐世保女学校の音楽教師だった田中穂積の曲。1902年(明治35年)作で、日本最初のワルツ(3拍子)とも言われる。
d0154761_16503668.jpg
今日のシバケン・アンサンブルの面子は、トロンボーン:柴田健一 フルート:市場美奈 キーボード:得田諭志 ベース:田川遊人の4人(本来はプラス、ギター、ドラムの6人)
みんなで「長崎ぶらぶら節」演奏後は、”Moon Song”特集。

 まずは映画『ティファニーで朝食を』からヘンリー・マンシーニの「ムーン・リバー」。ヘプバーンの日本語吹き替えといえば、声優の池田昌子さん。池田昌子さんといえば『銀河鉄道999』のメーテル。
 以前パーソナリティをやっていたラジオ番組に池田さんをゲストでお招きした際、「鉄郎・・」ならぬ「慶太郎・・」と囁くように呼びかけてもらって・・・感動しました(笑)
 さてこのメーテルのモデルの一人が、なんとシーボルトの孫、つまり楠本イネの娘”楠本高子”だという(あと八千草薫とか加藤登紀子とか)。松本零士の6代前の先祖が持っていた楠本高子の写真がモデルだそうだ。まさか未来の銀河鉄道が幕末長崎と繋がるとは・・・
 その後「ペーパー・ムーン」「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」と続き、琴音さんがいったん退席したところで、告知タイム。
d0154761_11292080.jpg
柴田健一アンサンブルの初CD『LIVE AT HONG-SHANG』詳細は<http://www.amazon.co.jp/LIVE-AT-HONG-SHANG-柴田健一アンサンブル-柴田健一/dp/B0041C6Q1A/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1285640689&sr=8-1>で。と、なんがさき ふぁいぶの新譜『龍馬のハナ唄・青盤」
d0154761_7403245.jpg
詳細はまた後日。第1部の最後は「月の沙獏」のインスト。
d0154761_11352611.jpg

休憩時間は”お月見タイ
ム”(よか月でした!)と
d0154761_11371072.jpg
 ”お茶菓子タイム”(よか味でした!)
d0154761_11402599.jpg

 で、その間も会場では”Moon Songs"が。続きの5曲は・・・

6.「河上的月色」/李香蘭
1957年作のアルバムより。


7.「do you wanna dance」/mamas&papas
ボビー・フリーマンの1958年のヒット曲。ママパパならではの素晴しいカバー・バージョン。


8.「paper moon」/江利チエミ
1935年の流行歌。ライアン、テータム・オニール親子共演の1973年の同名映画でもおなじみ。
ここでは、江利チエミのバージョンで昭和28年の録音。演奏は原信夫とシャープス&フラッツ。


9.「my ever changing moods」/スタイル・カウンシル
1984年にヒットした曲の、ピアノ&ヴォーカルver。当時、パイド・パイパー・ハウスへ、いそいそと12インチ・シングル買いに行った記憶がある。そうかぁ、この年の暮れにピチカート・ファイヴを結成したんだなぁ。


10.「情熱☆熱風セレナーデ」/近藤真彦
ヴァン・マッッコイ風な筒美京平作の名曲。これはDJでかけても受けたね。”セクシー♩”とかみんなコーラス歌ってたし(笑)

[PR]
by playtime-rock | 2010-09-29 09:05

038*月見コンサート#1

 去る9月24日、長崎歴史文化博物館の御白州で行われた”月見コンサート”、天気にも恵まれ盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただいたお客様、メンバー、スタッフのみなさん、本当にお疲れさま!そしてありがとうございました!
 まつおさん、ご来場いただきありがとうございます。楽しんでいただけたようで何よりです(笑)
やまださん、いつか折合いがついたら、ぜひライヴいらしてくださいね!

 ”月見”と”月琴”というオツな趣向。まさにツキツキでツイてました。途中交通事故に遭い、当たるという意味ではツイてるともとれますが、結果的にはコンサートに間に合うまで回復し、何よりお天気に恵まれたことが、まさにツキのおかげだと、ホッとしております。(写真提供:長崎歴史文化博物館)
d0154761_905930.jpg
d0154761_856163.jpg
(舞台、客席の設営風景)
夕刻、日も暮れて木戸の外では月見の御供、お茶菓子の準備。
d0154761_955516.jpg
共に”大浦お慶”ファン(ぼくらの間では親しみを込めて”お慶ちゃん”と呼んでます)で、幼なじみでもあるティー・コーディネーターの馬渡美樹ちゃん(小松屋)と、東そのぎ町の老舗”岡田商会”が作った、歴史に裏打ちされた「もてなしのお茶」<http://www.geocities.jp/hajimarinocha/index.htm>と、
d0154761_9134889.jpg
海援隊の雑記帳『雄魂姓名録』に残された、長崎カステラのレシピを基に作られた、文明堂のご存知「海援隊カステラ」。

この時会場からは、僕がセレクトした”月にまつわる曲”が流れていた。
実は今回のイベントの準備で、最も楽しかったことのひとつが、この”MOON SONGS”のCDを作成することだった。気楽だしね(笑)けっこう気に入っているので、インデックスを公開。
とりあえずは5曲。

1.「fly me to the moon」/フランク・シナトラ
C・イーストウッドの『スペースカウボーイ』のラストでこれが流れた時は、泣けました。


2.「havana moon」/チャック・ベリー
「Come Togather」でジョン・レノンがパクった(裁判ではビートルズ側が一方的に和解を提起)チャック・ベリーの「 You Can't Catch Me」(1956年)のB面。カリプソ風味。


3.「メロンの気持ち」/森山加代子
ローズマリー・ クルーニーの歌でヒット。


4.「blue moon」/Marcels
ロジャース&ハーツによる古いスタンダード。エルヴィスの怪しいヴァージョンもいいが、このドゥーワップ・ヴァージョンも秀逸!映画『アメリカン・グラフティ』でもおなじみ。


5.「moonlight shadow」/マイク・オールドフィールド
80's!

[PR]
by playtime-rock | 2010-09-27 21:22

037*中秋の

d0154761_21442438.jpg
病院の高圧ガス貯蔵庫越しの、朧月夜。
chym_daiさん、まつおさん、がちゃ、やまださん、キノシタくん、お気遣いのコメントありがとうございます!
病院から見おろした、雨の後の霧に煙る、長崎の夜景です。
d0154761_2156688.jpg
お陰さまで、なんとかライヴやれるくらいまで、回復しました。松葉杖抱えてだけど(笑)そういえば、ピチカート時代にも松葉杖ついてライヴをやった。中野サンプラザだったなぁ・・・アキレス腱切って・・・今回は骨折です。
d0154761_2293079.jpg

月見と月琴という、まさにツキツキのツイてるイベントのはずが、交通事故に・・・これは月に代わっておしおきよ!なのか・・・?しかし間に合ったということは、やっぱりツイてると思いたい僕です(笑)
長崎歴史文化博物館内、長崎奉行所のお白州での、お月見コンサート!
演奏予定曲は、『龍馬のハナ唄・赤盤』と、出来立てのホヤホヤ!明日到着するはずの『青盤』からのナンバー。月にちなんだムーン・ソング。長崎検番の”お座敷遊び”。大浦お慶ゆかりのお茶と、海援隊ゆかりのカステラのお茶菓子付き!
d0154761_2259119.jpg
結構、前売り券が売れてるようです。ありがとうございます!当日券はその日の状況をみて、空席があれば発売するとのこと。詳細は、長崎歴史文化博物館にお問合せください。どうか、晴れますように!!
[PR]
by playtime-rock | 2010-09-22 23:08

036*科学と学習

 テレビのニュースで、9年前の今日9月11日、アメリカで同時多発テロが起こったことを思い出した。旅客機(2機目)の突入で、ニューヨークの世界貿易センタービルがまさに崩れ落ちる瞬間を、たまたま飲み会の帰りに立ち寄った友人宅のテレビで見たショックは、今でもよく憶えている。
 今、病室のベッドでテレビを見ている僕は、1ヶ月前の8月11日、東京都目黒区碑文谷を歩行中に乗用車に突入された。前回のブログの2日後だ。で、現在長崎の病院に入院中だが、詳細はまたいずれ。

 そんなわけで、ご心配おかけしましたが、心身、身辺共にだいぶ落ちついてきたので、ブログ再開です。hitomiさん、お気遣いありがとう!
d0154761_1124626.jpg

 やっと外出許可が出た昨日、2ヶ月前にハース・マルティネスの長崎公演が行われた香港上海銀行(ホンシャン)へ。”栗コーダーカルテット”<http://www.kuricorder.com/>のライヴへと出かけた。彼等のライヴは、2年前の横浜”サムズアップ”で観た以来かな?ひょっとしたら、中野のプラネタリウム以来かも?
d0154761_110464.jpg
(ちょっと見づらいけど、音味も色味もホンシャンという会場にぴったり)

 実は昨年の1月、南青山MANDALAというライヴハウスで、栗コーダーと僕は共演することになっていたのだ。メンバーの川口義之君は、大学の軽音サークル”青山ベターデイズ”の後輩で、僕の2つ上の先輩、斉藤誠さんと、ベターデイズ繋がり3組の競演の予定だった。
 ところが直前に主催者でもある僕が病に倒れ欠席し、先輩にも後輩にもご迷惑をかけてしまった。今回、僕は単なる観客ではあったが、前から楽しみにしていたライヴだし、今度は怪我で出席できないとなると、どうも気分が滅入る。外出できるまで回復し、決して”ツイてなくはない!”、むしろ”ツイてる!”と自分を納得させたくて、ホンシャンへ向かった。

 ご存知のように栗コーダーの4人は滅茶苦茶多才なので、ご覧のように担当楽器の紹介だけでも一苦労(笑)
d0154761_102928.jpg

でも、どうです?この写真!いい大人のメンバーが、なんとも得意げで嬉しそうでしょ?(笑)(栗コーダーカルテット in 長崎 特設情報ページより)

 まるでおもちゃ箱をひっくり返したように、次から次へと出て来る楽器たちは眺めてるだけでも楽しいし、そこから流れ出る音色は、とても多彩で心地よく懐かしい。アカデミックなものから世俗的なものまで、古いものから新しいものまでが巧みにミクスチャーされた、大人から子どもまでが楽しめる音楽。なんか”科学と学習”みたいでワクワクする(笑)こんなバンド他にないもんね。まさにワン・アンド・オンリー。栗コーダーの「me japanese boy」、エキゾチックでよかったッス!

 僕の席の近くで、最初退屈そうにしていた小さい子どもが、聞き覚えのある曲になると俄然ノリノリなのを見て、あるコンサートを思い出した・・・続きは後日。
[PR]
by playtime-rock | 2010-09-11 07:31